脱毛の方法って何種類?

脱毛の方法って何種類あるかご存じですか。私が学生の時は、みんなでふざけてガムテープで一気にビリッなんてこともやっていました。今思うと恐ろしいで す。その他にも、ピンセットで抜いたり、カミソリでシェービングしたり…お肌に負担をかける方法しか知りませんでした。 現在主流になってきているのが、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛です。

以前はニードル脱毛というものもあったそうです。ニードル脱毛とは、毛穴に針を刺し弱 電流を流して、毛乳頭(毛を作る、成長させる根本)を破壊する方法です。ニードル脱毛は痛さを伴い、費用も高いので現在ではあまり使われていません。 レーザー脱毛は皮膚の表面にレーザーを照射して、毛母細胞(毛乳頭を取り巻くように存在している、毛を作り出す働きを持つ細胞)、毛乳頭を破壊する方法で す。

毛の黒い色素(メラニン)にレーザーの光が反応して、熱が蓄積されます。熱が蓄積されると、毛の育成に重要な役目を果たしている根っこ部分が焼けてし まいます。レーザー脱毛は医療機関でしか扱うことができません。 フラッシュ脱毛は、カメラのフラッシュのような光をあてて、毛母細胞、毛乳頭を破壊する方法です。

破壊する仕組みはレーザー脱毛とほぼ同じです。普段、エ ステや脱毛サロンなどで行われるのはフラッシュ脱毛になります。 レーザー脱毛とフラッシュ脱毛のメリットは、痛みが少なく、短時間で処理が可能ということです。デメリットは色の薄い毛や産毛には効果が出にくいというこ とです。 費用はレーザー脱毛よりフラッシュ脱毛の方が安いみたいですよ。



脱毛器を購入したいけど

脱毛器を購入したいけど、実際のところ効力はどうなのか不安感がある方もおられるかも知れません。効果があるかないかは、購入する脱毛器により変わります。

破格値の脱毛器は効果がほとんどないかも知れません。


買う前に、本当にその脱毛器を使った人の評価を参考にしてみるのも良い策といえるでしょう。
脱毛器を使って体のムダ毛処理をしている女性もたくさんいるのではないでしょうか。一昔前に使われていた脱毛器はあまり性能が良いとは言えず、きちんと脱毛できなかったり、安全的な面で心配なものがまあまああったのですが、最新のものは遥かに性能がアップしています。機能の高い脱毛器を使えば、毛が濃い人でも完全に脱毛できます。
脱毛サロンを選ぶ時は、脱毛費用をお安くするためにも料金を比較するようにしましょう。脱毛サロンごとに大幅に料金が変わるので、お財布に優しいところを見つけましょう。ご利用される時、キャンペーンも必ず確認してください。

ただ、値段の面だけで選んでしまうとご納得いただけない仕上がりになりかねませんので、脱毛効果の方も選ぶ際には大事にしましょう。

毛が濃い人場合は低性能の脱毛器で脱毛しても、効果を感じないというのがよくある本音でしょう。ところが、エステサロンで使っているような、フラッシュ式脱毛器を試してみれば、毛深い肌でもバッチリ満足のいく結果が得られます。


脱毛器と言っても種類はさまざまなので、自分の肌質や毛の状態に合ったものをじっくり選びましょう。
ラヴィは、サロンに行くことなくサロンと同等のレベルの脱毛を可能にする光脱毛器と言っても過言ではありません。毛が全く出て来なくなった、産毛さえ出て来なくなった、たった2回使っただけで毛が薄くなったのがわかっ立という人がとても多いのです。ラヴィは4万円するということでけして安い価格だとは言えませんが、脱毛器の価格としては4万円はさほど高い方ではありません。脱毛器アミューレは、パナソニック製の全身用の泡による脱毛器です。泡がムダな毛を絡めとり、根元から美しくキチンと抜き取ってくれます。コードレスなのでどこでも使用でき、お風呂でも使えます。

口コミによると凹凸も気にせず脱毛出来るし、使いやすさが評判です。


コストパフォーマンスの面でも優秀なので、愛されている脱毛器です。ここ数年来は、肌が過敏なでも利用可能な脱毛サロンがありますし、脱毛クリームも売っています。
当然ながら、敏感肌といってもその程度は十人十色ですから、必ず万人がOKということはないでしょうが、肌が敏感だからといって始めから諦めたりしなくていいということは嬉しいですね。
始めて脱毛器を利用する人が気にかかるのが痛みだと思います。
痛みがない脱毛器もあれば、痛みを激しく感じる脱毛器もあります。

また、太い毛や皮膚の薄い個所を脱毛にあたっては、きつい痛みを感じる事がほとんどだと思います。使用する箇所や肌の状態に合わせて強さを調整できる脱毛器を選ぶのが一番です。