主に3種類の方法

このページでは、脱毛エステの種類およびその特徴について細かく説明していきたいと思います。脱毛エステには、主に3種類の方法があります。

●ニードル式ニードル式は電気針脱毛とも呼ばれており、電気針を毛穴に刺して電流を流すことで毛根を焼くという方法になります。ニードル式が永久脱毛に最 も近い効果が得られると言われています。ただし、痛みが強いと感じる方が多く、また料金も高めに設定されています。肌が合わない方は内出血をおこしたり青 あざができるという方もいるようなので、スタッフと相談の上行いましょう。

●レーザー式レーザー式は肌表面に直接レーザー光をあてて、毛と毛根を処理するという方法です。ニードル式に次いで脱毛効果が得られやすいです。ただし、 以前は脱毛エステサロンでも行われていた方法ですが、現在は医療行為とみなされており、病院でのみ施術しています。また、金額もやや高めとなっており、場 合によってはやけどやシミといった皮膚トラブルの原因も招くようです。

●フラッシュ式フラッシュ式とは、黒色のみに反応するフラッシュ光を肌表面に直接当てることで毛と毛根を処理する方法です。現在の脱毛エステサロンで一般 的に取り入れられており、主流の方法です。脱毛効果は一番劣りますが、照射の回数を重ねるごとに毛が目立たなくなります。ただし、永久脱毛の効果はありま せんのでそこは覚えておきましょう。痛みも一番少なく、また安価です。



Iラインのお手入れは

Iラインのお手入れは、衛生的な視点からも注目を集めています。カミソリで整えると肌に傷をつけてしまいかねないので、病院で施術をうけることが安全な方法だと言えます。いったん、永久脱毛が完了すれば、これから先、生理を迎えた時でもすこぶる快適に過ごすことが出来るのです。
むだ毛の脱毛の処理方法の中で、ニードル法は永久脱毛効果が最も期待できる脱毛法だと思われます。今は脱毛クリニックなどの医療機関もしくは一部の脱毛サロンでしか行われていません。強い痛みのせいで、人気はレーザー脱毛には負けますが、効果が高いので、この方法をあえて選ぶ人も少なくないようです。私はvioの光脱毛にちょくちょく通っているのですが、繊細な部分なので、最初は緊張しました。数回行くと慣れてきて平気になり、ムダ毛が目たたなくなったり生えてくるスピードも落ちて成果を実感できました。

今は通ったことは自分にとってプラスだっ立と感じています。脱毛が全て終わるまで今後も継続して行きたいです。ニードル脱毛はプローブという細い針を使用し、毛穴に入れて通電させて、発毛組織を電気熱によって凝固させます。ニードル脱毛は永久脱毛として有効的であり、いったん処理した毛根からムダ毛が再び生えにくいのが特質になります。

ただ、痛みや肌負担が重く、施術の後は肌の赤みが中々引かないこともあります。脱毛サロンまたはエステサロンで脇脱毛の処理を行ったら、脱毛後のお肌の状態は大丈夫?と不安に感じる方もいるのではないでしょうか。そのようなサロンでの施術には最新型のマシンが使用されますし、その後のアフターケアもしっかりしているので、跡が残るといった心配はな指沿うです。


自分で処理をするよりも肌の負担も少なく、キレイな処理が可能です。最近、ニードル脱毛という脱毛法は少なくなり、見なくなりました。ニードル脱毛というのは、毛穴の方に針を刺し電気をとおすことで行う脱毛法でおそらくいろいろある脱毛法の中でダントツといってしまってもいいほど痛みの耐え難いものです。

このニードル脱毛の値段の方ですが、サロンによってバラつきはあるものの比較的高額な料金設定になるようです。
家庭用脱毛器として人気があるケノンは脱毛サロンで使われている光脱毛マシーンに非常に近い機能の期待できる脱毛器となっているのです。

ただし、ケノン脱毛はサロンでやって貰う脱毛と同じように永久脱毛じゃありません。
いったんツルッとした肌になっても、一定の期間が経過した後に再びムダ毛が生え出すことがある沿うです。永久脱毛しようと決心しても、お肌に残るようなダメージについてなど心配になることがありますよね。



その心配事を解決するためには、永久脱毛に詳しいスタッフが大勢いるおみせで、しっかりとした話し合いの場を持つことだと思います。

心穏やかに永久脱毛をするためにも、納得いくまで色々と調査すべきでしょう。